「散歩する侵略者」の動画配信を無料でフル視聴する方法

邦画(日本映画)

2020/12/28 2021/01/28

「散歩する侵略者」の動画配信を無料でフル視聴する方法

この記事では映画「散歩する侵略者」を無料でフル視聴する方法を解説します。

  • 映画「散歩する侵略者」の動画配信を無料で見たい
  • 長澤まさみさんが主演している映画を見たい
  • サスペンス映画が見たい

このような方は必見です。

映画「散歩する侵略者」を無料でフル視聴する方法

結論を先に言うと、「散歩する侵略者」はU-NEXTで無料フル視聴できます

太郎

あれ?U-NEXTってお金がかかる動画配信サービスじゃ……?

U-NEXTは月額1,990円の有料動画配信サービス。でも、31日間無料体験を実施していて、期間中は見放題作品をすべて無料で見ることができます。

「散歩する侵略者」も見放題作品なので、フル動画を今すぐ0円で視聴可能です。

花子

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません!

31日間、見放題作品が無料

※無料期間中の解約も可能です。

U-NEXTとは

今回ご紹介したU-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの特長

  • 月額1,990円
  • 31日間の無料視聴期間あり
  • 無料期間でも、ポイント視聴作品の視聴に使える600ポイントがもらえる(通常は毎月1,200ポイント)
  • 見放題の動画作品だけでも19万本と動画配信サービスで最多
  • クレジットカード払いだけでなく、キャリア決済にも対応。しかも、ドコモ・au・Softbankすべてに対応

「散歩する侵略者」はU-NEXT以外でも配信されています。

「散歩する侵略者」の配信状況

VODサービス名配信状況
U-NEXT
Netflix
Hulu
dTV
Amazon プライムビデオ
FOD
TSUTAYA TV
ABEMAプレミアム
花子

U-NEXTでしか視聴できないわけではありませんが、U-NEXTをおすすめします。

U-NEXTがおすすめな理由

  • 無料期間が31日間ともっとも長い
  • 見放題作品が19万本と多く、無料期間中にたくさんの作品を楽しめる
  • 無料期間中にもらえる600ポイントで劇場公開から間もない新作や人気作などポイント視聴作品も見れる
  • 会員登録がカンタン

U-NEXTでは、2021年1月時点で以下のような映画が見放題作品として配信されています。

見放題作品

ほか

また、なにげに重宝するのが無料期間中にもらえる、ポイント作品の視聴に使える600ポイント分のU-NEXTポイント

600ポイントではドラマだと2、3話しか見れないので正直あまり役に立ちませんが、映画だと1本フルで見れます!

2020年12月時点で配信されているポイント作品

  • パラサイト 半地下の家族(2019年公開)
  • アンダーウォーター(2020年公開)
  • サヨナラまでの30分(2020年公開)
  • 1917 命をかけた伝令(2019年公開)
  • ピーターラビット(2018年公開)
  • ハリー・ポッターと賢者の石(ほか、シリーズ作品)

ほか

花子

ここで紹介した作品はほんの一部です。他にどんな作品が配信されているかは、U-NEXTで確認してみてください。

「散歩する侵略者」の概要

散歩する侵略者
散歩する侵略者 (2017) — The Movie Database (TMDb)

「散歩する侵略者」の原作は、前川知大が主宰をつとめる劇団イキウメの舞台台本で、同劇団により2005年10月に東京サンモールスタジオにて初演されました。

以降2007年、2011年、2017年と再演を繰り返しながら、その間2007年に小説が出版され、2017年に映画として公開された人気SFサスペンスです。

長澤まさみ、松田龍平、そして長谷川博己などの豪華キャストと、カンヌ国際映画祭ある視点部門の監督賞を受賞した経験のある、ホラーの名手、黒澤清監督がダッグを組んで作り上げたこの映画は、全国の181スクリーンにて2017年9月9日に公開されました。

公開開始から2日間で興行収入が4,200万円を突破、動員数も3万人を超え、映画観客動員ランキングで初登場にして10位にランクインするという快挙を達成しました。

そしてこの映画は、第70回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品された後、北米やその他21カ国で公開されることが決定しました。

また、公開の同年9月17日から、WOWOWにて映画のアナザーストーリとなる予兆散歩する侵略者というテレビドラマが放送されました。そしてこの全5話のドラマを再編集した劇場版が11月11日に公開されています。

映画を見終わった後にも楽しめるコンテンツがあるのは、ファンにとってはたまらないですね。

項目内容
公開日2017年9月9日
監督黒沢清
原作前川知大「散歩する侵略者」

「散歩する侵略者」のストーリー・あらすじ

無料で見る前に、「散歩する侵略者」のストーリーが気になるという方に、あらすじをご紹介します。

不仲だった夫が帰ってこない。

数日間、行方をくらましていた夫が帰ってきたと思ったら様子がおかしい。突然性格が穏やかになり、優しく接してくる夫に戸惑い違和感を覚える加藤鳴海。

鳴海は行方不明以降、毎日散歩に出かける夫、加藤真治に対してより一層の不信感をつのらせていました。

そんな加藤家に起こった異変と同じ時期に、街では一家惨殺事件が起こっていたのです。その事件を機に奇妙な事件が頻発するようになります。

そんな中、これらの事件を取材していたジャーナリスト桜井は1人、取材中にある事実に気がついてしまいます。

その後、町には不穏な空気が広がり、事態は思いも寄らない方向へと進み出し、鳴海は真治から「地球を侵略しに来た」という衝撃的な告白を受けることになるのです。

当たり前だと思っていた日常が、ある日突然崩れだす。彼らのたどり着く結末はどうなってしまうのでしょうか。

花子

長澤まさみさんと松田龍平さんが夫婦役を演じ、長谷川博己さんがジャーナリスト桜井を演じていますよ。

「散歩する侵略者」の出演キャスト

加瀬鳴海長澤まさみ
加瀬真治松田龍平
桜井長谷川博己
天野高杉真宙
立花あきら恒松祐里
車田児嶋一哉
丸尾満島真之介
明日美前田敦子
牧師東出昌大
鈴木光石研
品川笹野高史
医者小泉今日子

「散歩する侵略者」の感想(ネタバレあり)

「散歩する侵略者」の感想をまとめました。若干のネタバレを含みます。映画を見るまで内容を知りたくない人は読み飛ばしてください。

もともとの原作が舞台演劇の戯曲台本ということもあり、宇宙人に侵略される、いわゆる地球侵略もののSFでありながら会話劇がしっかりしていたところがとても良かったですね。役者たちの演技、1つ1つに目が離せませんでした。

もちろん、その他のSF映画に引けを取らない派手なアクションシーンや衝撃的な演出もあり、舞台では表現することのできない、映画ならではの魅力もしっかり堪能することができますよ。

人間の概念という、言葉ではっきりと表現しづらい部分にフォーカスを当てており、一体、人間にとっての大切な概念とは何なのかを考えさせられる、そんな内容となっています。

ただ、結局地球を救うのはそれかい!というツッコミを少しだけしたくなりました。そういった事も含めて日本の邦画らしい映画だったなと思いました。

とにかく俳優陣の芝居が素晴らしいですね。人になりすました宇宙人が、人間から概念を奪い、地球を侵略していくといったコンセプトも斬新で面白かったです。

制作側に意図はないかもしれないが、SF映画として成り立たせようとして、少し過剰な演出が多かったかなとも感じましたが、そこは映画だしなと納得しました。おそらく、元の原作が演出に限りのある舞台台本だったため、その部分を映画として成立させるために脚色した結果でしょう。

人の概念という難しいテーマを扱っているため、評価は2分されそうな気がしますが、私は最後まで飽きずに楽しめました。

黒沢清監督の作品のファンなので、本作も鑑賞しました。黒沢監督が、この作品の原作となる舞台がお好きということで映画化したという話を聞きましたが、この元の作品の作風と、黒沢監督の作風の相性が良くなかったのか、なんとなく違和感を覚える箇所がいくつかありましたね。

邦画というスケールにはしっかりと収まっていますが、SF特有の大スペクタル感を期待すると肩透かしを食らうため注意が必要ですよ。特にCGにこだわりのある方は、少し残念に思ってしまうかもしれません。

ストーリーというか、コンセプトはなかなか面白く、長澤まさみの演技がとても役にあっていて彼女の感情を追って見ていると、ぐっと映画に入り込めるとおもいます。その他の役者さんも、もちろんとってもよかったです。さすが豪華キャストを揃えただけはありますね。

ただ、内容が少々難しく、1回視聴しただけでは理解しきれない部分もあるため、何度も見返して見ることをおすすめします。

まとめ

以上、映画「散歩する侵略者」を視聴する方法をご紹介しました。

結論

「散歩する侵略者」を見るならU-NEXTがおすすめ。

U-NEXTの31日間無料視聴体験がいつ変更になるか、終了になるかわかりません。「散歩する侵略者」の配信がいつ終わるかもわからないので、今すぐ使ってみるのをおすすめします。

31日間、見放題作品が無料

※無料期間中の解約も可能です。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。