「箱入り息子の恋」の動画配信を無料でフル視聴する方法。ネタバレありのレビューや感想も

邦画(日本映画)

2021/02/01

「箱入り息子の恋」の動画配信を無料でフル視聴する方法。ネタバレありのレビューや感想も

この記事では映画「箱入り息子の恋」を無料でフル視聴する方法を解説します。

  • 映画「箱入り息子の恋」の動画配信を無料で見たい
  • 星野源さん主演の映画を見たい
  • 夏帆さんが出演している映画が見たい

このような方は必見です。

映画「箱入り息子の恋」を無料でフル視聴する方法

結論を先に言うと、「箱入り息子の恋」はU-NEXTで無料フル視聴できます

太郎

あれ?U-NEXTってお金がかかる動画配信サービスじゃ……?

U-NEXTは月額1,990円の有料動画配信サービス。でも、31日間無料体験を実施していて、期間中は見放題作品をすべて無料で見ることができます。

「箱入り息子の恋」も見放題作品なので、フル動画を今すぐ0円で視聴可能です。

花子

無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません!

31日間、見放題作品が無料

※無料期間中の解約も可能です。

U-NEXTとは

今回ご紹介したU-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTの特長

  • 月額1,990円
  • 31日間の無料視聴期間あり
  • 無料期間でも、ポイント視聴作品の視聴に使える600ポイントがもらえる(通常は毎月1,200ポイント)
  • 見放題の動画作品だけでも19万本と動画配信サービスで最多
  • クレジットカード払いだけでなく、キャリア決済にも対応。しかも、ドコモ・au・Softbankすべてに対応

「箱入り息子の恋」はU-NEXT以外でも配信されています。

「箱入り息子の恋」の配信状況

VODサービス名配信状況
U-NEXT
Netflix
Hulu
dTV
アマゾンプライム
FOD
TSUTAYA TV
ABEMAプレミアム
花子

U-NEXTでしか視聴できないわけではありませんが、U-NEXTをおすすめします。

U-NEXTがおすすめな理由

  • 無料期間が31日間ともっとも長い
  • 見放題作品が19万本と多く、無料期間中にたくさんの作品を楽しめる
  • 無料期間中にもらえる600ポイントで劇場公開から間もない新作や人気作などポイント視聴作品も見れる
  • 会員登録がカンタン

U-NEXTでは、2021年1月時点で以下のような映画が見放題作品として配信されています。

見放題作品

ほか

また、なにげに重宝するのが無料期間中にもらえる、ポイント作品の視聴に使える600ポイント分のU-NEXTポイント

600ポイントではドラマだと2、3話しか見れないので正直あまり役に立ちませんが、映画だと1本フルで見れます!

2020年12月時点で配信されているポイント作品

  • パラサイト 半地下の家族(2019年公開)
  • アンダーウォーター(2020年公開)
  • サヨナラまでの30分(2020年公開)
  • 1917 命をかけた伝令(2019年公開)
  • ピーターラビット(2018年公開)
  • ハリー・ポッターと賢者の石(ほか、シリーズ作品)

ほか

花子

ここで紹介した作品はほんの一部です。他にどんな作品が配信されているかは、U-NEXTで確認してみてください。

「箱入り息子の恋」の概要

箱入り息子の恋
映画『箱入り息子の恋』公式サイト

音楽方面でも活躍している星野源さんの初主演映画が「箱入り息子の恋」です。

彼女居ない歴35年で、自宅と職場を往復するだけの日々を送っていた男性が、婚活をきっかけに恋に落ち、変化していく様をエモーショナルに演じています。

「三井のリハウス」の11代目リハウスガールを務め、「天然コケッコッコー」での演技が評価されて多数の新人賞を受賞した夏帆が、健太郎の見合い相手で盲目の女性、奈穗子という難役を見事に演じきっています。

健太郎の両親を平泉成と森山良子、奈穗子の両親を大杉漣と黒木瞳といったベテラン俳優陣が演じ、親子のやり取りや夫婦の行動も見どころ。個々の家族の人間ドラマとしても十分に見応えがある作品です。

長編2作目の「無防備」が2008年第30回ぴあフィルムフェスティバルにおいてグランプリと技術賞、Gyao賞も受賞、翌年はベルリン国際映画祭フォーラム部門にも出品され、海外からも支持を受けている、若手監督の市井昌秀が監督を務めています。人間模様がうまく表現されていて、監督の持ち味が十分発揮された作品と言えるでしょう。

音楽は高田連が手がけ、エンディングを星野源がリスペクトする細野晴臣が歌っているのも話題の一つです。

項目内容
公開日2013年6月8日
監督市井昌秀
脚本市井昌秀・田村孝裕
主題歌高田漣 feat. 細野晴臣「熱の中」

「箱入り息子の恋」のストーリー・あらすじ

無料で見る前に、「箱入り息子の恋」のストーリーが気になるという方に、あらすじをご紹介します。

今まで一度も女性と交際したことのない35歳男性、健太郎は、市役所勤務で実家暮らし、生真面目で内気な性格で、趣味もペットのカエルだけ。

そんな息子を見かねた両親が「代理見合い」に参加します。その見合いの場所で奈穗子の両親と出会い、その後、本人同士の見合いのチャンスを掴んできました。

奈穗子は病気で全盲だったため、健太郎は経歴を見た奈穗子の父親に「頼りない男に任せられない」と思われてしまいます。見合い当日に全盲の事実を知り、戸惑う健太郎の両親。

気まずく見合いを終えるのですが、健太郎と奈穗子の二人は次第に惹かれ合っていきます。

反対する奈穗子の父親の目を盗んではデートを重ね、彼女の父親に認めて貰えるように、健太郎は必死にあがきます。

彼女の存在によって、健太郎の日常は一変しました。お互いの家族愛と結婚について考え、共感できます。

「箱入り息子の恋」の出演キャスト

天雫健太郎星野源
今井奈穂子夏帆
天雫寿男平泉成
天雫フミ森山良子
今井晃大杉漣
今井玲子黒木瞳
ふなこしさん石橋穂乃香(穂のか)
大場くん柳俊太郎

「箱入り息子の恋」の感想・評価(ネタバレあり)

「箱入り息子の恋」の感想をまとめました。若干のネタバレを含みます。映画を見るまで内容を知りたくない人は読み飛ばしてください。

人は中身だ、外見では無いと頭ではわかっていて、言葉にするのは簡単だけど、本当に理解して行動するのって難しいと思います。そんな中で、きちんと想像して思いやりももった行動ができる主人公、健太郎は本当に優しいです。恋愛して笑顔が増え、最初根暗だった健太郎がポジティブに変わっていく姿を見ていたら、誰かを好きっていうエネルギーは凄いなと感じました。人を好きになる気持ちには親でも友人でも立ち入れなくて、もっと自由に好きであったらいいな。泣きながらご飯を食べられる人間は強くなれるって言葉が印象的です。

リアリティに溢れた作品だと感じました。恋愛に奥手になっている主人公達の環境や、子離れできていない両親のあり方、障害を隔てるのも人、その壁をよじ登り乗り越えていくのも人、そんな人と人の本音がぶつかり合っているラブストーリーでした。星野源演じる健太郎は冴えない青年ですが、こうと決めたらブレない真っ直ぐさが見え隠れし、男らしかったです。一方、奈穗子は目が見えない障害から過保護にされ、踏み出す勇気を失っていましたが、健太郎と知り合うことで親離れしていく様が描かれているので、応援したくなります。何かにつけて親が出てくる場面で、子供達が二人で乗り越えようとする過程が心温まるストーリーになっています。それにしても、夏帆の透明感のある演技と星野源のネガティブ男子の演技は忘れられません。

内向的な人間がこんなにワイルドになれるかなぁと思いつつ見ていましたが、やはり原動力は恋なのだと思わせる作品でした。突っ走っている当人は思ってもいないかもしれないけれど、頑張って前向きに努力すると理解して貰えるんだと思います。盲目の女性に恋をする話だけど、恋愛の障害を盲目にしただけで、どの恋愛にもそれなりの障害があります。当人同士の本気をいかに両親に伝えられるかの後押しをされるような気持ちになりました。子離れしていない親もまんざら映画の中だけじゃなく、自分の周りにごろごろ居るので、攻略する意味で参考になった気がします。主役の二人も演技が上手なので、つい身近な人の物語のように感じてしまいました。温かい気持ちになりました。

冴えない男と全盲の女の子の話です。目が見えないことに気を遣うのではなく、どの行動にも思いやりを感じました。そんな風に魅せることのできる演技をする星野源は凄いと思いました。一直線に好きという気持ちで突き進める男のかわいさと気持ち悪さがよく伝わってきたのも凄かったです。ただ、最後は世界観を守りたいということから「想像にお任せします」みたいな感じに終わったのが煮え切らないですね。初恋の初々しさや切なさ、懐かしいいろんな感情がわき上がってきました。ハッピーエンドで終わって良いじゃないかと思います。

まとめ

以上、映画「箱入り息子の恋」を視聴する方法をご紹介しました。

結論

「箱入り息子の恋」を見るならU-NEXTがおすすめ。

U-NEXTの31日間無料視聴体験がいつ変更になるか、終了になるかわかりません。「箱入り息子の恋」の配信がいつ終わるかもわからないので、今すぐ使ってみるのをおすすめします。

31日間、見放題作品が無料

※無料期間中の解約も可能です。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。